大宇陀温泉あきののゆ

うだだより

あきののゆのスタッフが宇陀の最新情報をお届けします

きゅうりの一本漬け!

こんにちは。

暑いですが、木陰は涼しい!
やっぱり宇陀は避暑地ですね。

BBQ場に設置されているハンモックで子どもたちが楽しそうに遊んでいます。

その隣で、大人たちはのんびりBBQ。ゆっくり楽しんでもらえているようで、運営側もうれしいです。

本日のBBQの予約はまだ空きがありますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

akinonoyu.com

今日は山の日。山に親しむ一日です。

おはようございます。
今日からお盆期間が始まり、あきののゆはお盆期間中、指定日となり料金体験が変わります。

<<お盆期間の営業について>>
指定日:8月11日(木・祝)~8月16日(火)
※この期間は、特別指定日とし大人800円、小人400円となります。ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

さて、写真は先日宇陀市内で開催された「オオサンショウウオ」の観察会の様子です。市内の川には、国の特別記念物オオサンショウウオの生息している地域があり、宇陀市の文化財保存課の指導のもと、たくさんの子供たちが夜の川に入りました。(ちなみに、捕獲したオオサンショウウオは宇陀市役所のロビーに展示されています。)

触った感触は。。。やはり両生類ですね。カエルに近いです(笑)
宇陀市の子供たちは、豊かな自然、山と川に囲まれ、本当に素晴らしい体験することができるフィールドで育っています。田舎で育ったことに自信をもって、社会に出て行って欲しいですね。

今日は「山の日」。山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日です。海も川をさかのぼれば山。田舎が維持されることで、川に豊かな水が流れ海になります。少し宇陀の里山に目を向けながら、お盆期間をお過ごしくださいね。

akinonoyu.com

龍谷大学の枝豆とスムージー販売を行います

こんにちは!

あきののゆの横の公園の草刈りも終わり、15日の花火大会に向けて準備が進んできました。スタッフみな楽しみにしています。

お盆期間中、京都の龍谷大学のゼミ生たちがあきののゆで宇陀の黒枝豆販売と農家連ストランしゃもじを運営しているグリーンワーム21の有機無農薬野菜を使ったスムージーの販売を行います。

今日は午後から読売新聞様のスムージーへの取材があり、詳細は後日FB
ページでも発表させていただきますね。

写真は、先日収穫した宇陀の黒枝豆とゼミの学生たちです。6月から宇陀市榛原の畑に通い、枝豆栽培を続けてきました。種の播種から植え付け、植えてからはひたすら草刈り。。梅雨で雨降る中、夏の日差しの暑い中、京都から宇陀にかよい栽培を続けた黒枝豆はアントシアニンがのり、甘くておいしいです。

<販売期間>
枝豆販売 8月12日~8月15日、8月21日、22日
スムージー販売 8月13日、14日、21日、22日

じゃらんという文化♨

こんにちは。
じゃらんnetにて、BBQの特別メニューを販売することになりました。写真はイメージでボリュームだけでなく、バランスの取れたメニューとなっています。

しかし、じゃらんはすごいですねアクセスうなぎ上りです。サポートも手厚くありがたい限りです

じゃらんとはインドネシア語で「jaran」。言葉の由来は「道」「プロセス」だとの事で、深い意味合いを感じます。

公式にリリースしましたら、またアップ致します。

本日水曜日は、65歳以上のお客様が500円の日となっております。たくさんのご来場をお待ちしております♨
akinonoyu.com

徒然日記inあきののゆ♨️

こんばんは。
先日、天皇の放送が心に沁みました。美しいお言葉だったです。

非常に珍しいケースだったと思うのですが、昭和天皇の玉音放送を思い出しました。広島、長崎の原爆投下の日が過ぎて、15日が近いせいか、温泉に入りながら、戦争について考えていました。

宇陀市にも戦争の爪痕が残っています。

▪️以下、抜粋
奈良県では珍しい空襲の悲劇の現場である。1945(昭和20)年7月24日午前9時過ぎ、空襲警報により室生口大野駅より榛原駅に向かう三両編成の近鉄電車が、榛原駅手前の小さな小川に架かる鉄橋付近で止まった(現在国道369号線と370号線が分岐するガードから、森田商店前方のガードまでの位置)キーンという爆音と共に、東方より襲来してきた二機のグラマンが急降下し、電車を目がけて機銃掃射を開始した。通勤や通学の時間帯と重なり、県内15件あった空襲の中で最大の死傷者を出す、いわゆる「榛原空襲」と呼ばれる惨事が起こった。電車の中は血の海、何人もの人が折り重なるように死んでいたという。また乗客の多くは、窓から6メートル下の地面に折り重なるように飛び降り、あたりの地面は血で真っ赤に染まり、まさに地獄絵の如く大惨事が行われていたそうだ。現在、その近鉄大阪線の高架の線路を支えるアバット(橋台)横には供養塔が建てられ、そこには「死者11人、負傷者27人」とあった。しかし地元の、その空襲を知る人の証言では「死者40数名、負傷者はその倍」に達していたとも言われている。

夏休みが近いせいか、あきののゆは賑やかな館内になっています。今一度、お湯や水を大事に使いたいと思います。年に一度くらいは、改めて考えてみようと思います。

▪️近代産業遺産アート再生学会活動報告ブログ
http://blog.mii-art-r.com/?eid=65

ページトップへ
普人特福的博客cnzz&51la for wordpress,cnzz for wordpress,51la for wordpress