ブログ

温泉マークの変遷♨️

温泉マークの変遷♨️

こんにちは。
秋らしい日がないままに、冬に入り込みそうですね。体調管理はくれぐれもお気をつけくださいませ。

東京五輪の際、多くの外国人旅行者が来られるため、各種マーク、温泉マークの議論がされています。

時代の流れを感じます。

明治11年のマークは、銭湯なのでしょうか。円形が表現できなかったのでしょうか。四角くて、個人的には一番好きです。

マークに人間が入ると、今までのマークと比べてしまい、違和感を感じますが、外国人の旅行者のはわかりやすいのでしょうか。

逆の立場に立った場合、私たちが海外へ行った際を考えると、やはり違和感のあるマークは見かけます。

あまり迎合する必要はないように思いますが、この議論の決着はどうなるのか楽しみです。

今日は水曜日、65歳以上が500円の日です。身分証明を忘れずにお持ちください!
akinonoyu.com

関連記事

大宇陀温泉 あきののゆ 〒633-2164 奈良県宇陀市大宇陀拾生250-2 TEL:0745-83-4126(ヨイフロ)

ページ上部へ戻る