ブログ

変わりゆく風呂文化♨️

変わりゆく風呂文化♨️

こんにちは。
休館日の木曜日、小雨が降っています。メンテナンスや打ち合わせ、仕込みや休養を行なっています。

先日、広島県竹原市にある「旅館 岩乃屋 岩風呂」へ行ってきました。日本で唯一残るアマモを使った石風呂が、この11月で営業を終えることになったからです。

岩を削った横穴に瀬戸内海の天然アマモを敷き詰めたサウナのような蒸し風呂は美肌や疲労回復に効果があり、かつては瀬戸内沿岸だけでも数千カ所あったとされていますが、近年アマモなどの資材が入手困難になり、経営者が75歳の節目を迎えるのを機に閉店を決断されました。

瀬戸内の原風景でもある岩風呂が、消滅寸前です。

日本人の風呂文化は、劇的に変わりつつあります。それはそれで、時代の変化とともに当然なのだと思いますが、やっぱり寂しいですね。

あきののゆの未来もあれこれ考えています。直面している機械設備の劣化、修繕、改修に掛かる大きな予算。

しかしながら、もっとも重要なのは在るべき姿をきちんと守り続ける事だと思うのです。その在るべき姿について、深く考えを巡らせたいと思います。

長々お付き合いありがとうございます。雑感みたいな投稿で申し訳ありません。♨️
akinonoyu.com

関連記事

大宇陀温泉 あきののゆ 〒633-2164 奈良県宇陀市大宇陀拾生250-2 TEL:0745-83-4126(ヨイフロ)

ページ上部へ戻る