温泉とプール

万葉の大地に湧き出た温泉。

奈良県宇陀市大宇陀にある源泉地周辺は、その昔「阿騎野(あきの)」と呼ばれていました。その歴史は古く、万葉の時代には狩場として貴族の遊び場となっていたようです。また、伊勢へと通じる街道沿いでは醸造などが盛んにおこなわれるほど、水がうつくしい場所でした。

つるつる、すべすべ。県内屈指の美人の湯。

あきののゆは、その阿騎野の地下約1300メートルから湧き出した温泉です。無色透明で微臭を有し、pH9.6を誇るその源泉を、薄めずそのまま温めて使用しています。石けんのようなしとやかなぬめりが肌をやさしくクレンジング、入浴後にはつるつるすべすべとなることから、奈良県内屈指の美人の湯と呼ばれています。

効能豊富なお湯を、さまざまなお風呂で楽しめるのもあきののゆの魅力です。奈良のひのき湯、和洋の露天風呂、薬湯にジャグジー、さらにバーデまで。すべて源泉のままの贅沢さです。

あきののゆの泉質

源泉名 大宇陀温泉あきののゆ
泉温 34.0℃
湧出量 156.9リットル/毎分
泉質 単純泉(低張性- アルカリ性- 温泉)
pH値 9.6
特徴 無色透明で微臭を有し、pH9.6の温泉成分を誇り、石けんのようなしとやかなぬめりが肌の汚れを取り除き、入浴後には「つるつるすべすべ」となります。
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

浴室のご紹介

「あでやか」と「やわらぎ」。趣のことなるふたつの温もり。

あきののゆでは、「あでやか」と「やわらぎ」という趣のことなるふたつの浴室をご用意しています。奇数日・偶数日で男湯・女湯を入れ替えておりますので、ぜひその違いもお楽しみください。

  大人[中学生から]
障がいのある方はカッコ内
子供[3歳から]
障がいのある方はカッコ内
ご入浴 平日 ¥700(¥600) ¥350(¥300)
土日祝指定日 ¥800(¥600) ¥400(¥300)
フィットネス 全日 ¥300 ¥300
ご入浴+フィットネス 全日 ¥1,000

回数券

  大人 子供
ご入浴 ¥7,000
フィットネス ¥3,000  

12枚綴り/曜日に関係なくご利用いただけます

定期券

  大人 子供
1ヶ月 ¥9,000
3ヶ月 ¥22,950

備品

備品 備え付け備品 シャンプー/ボディソープ/ヘアバンド/化粧水
有料備品 フェイスタオル:150円
ボディタオル:200円
バスタオル:500円
髭剃り:150円
歯磨き:100円
^